SIMについての基礎知識の解説

###Site Name###

携帯電話・スマートフォン・タブレット等の通信機器を利用する上で欠かす事の出来ない「SIMカード」。

格安スマートフォンの宣伝等でよく耳にする「SIMフリー」。

言葉は知っているがどういったものなのか詳しくは分からない、という人がほとんどなのが現状です。SIMカードとは、スマートフォン等の通信機器で必要となるICカードの事です。


このカードに、加入者の電話番号を特定する為の固有のID番号が登録されています。

つまりカードが挿入されていなければ、携帯電話やスマートフォンで電話をする事が出来ないという事です。
SIMカードにはいくつかのサイズがあります。通信機器によって適したサイズが異なりますので、機器とカードを別々に購入する場合等は予め確認しておく必要があります。

サイズは大きさの順に、標準・micro・nanoの3種類があります。

現在多くの端末に採用されているのはnanoサイズやmicroサイズで、標準サイズのカードは最新の端末ではあまり採用されていません。

現在、大手携帯電話会社いわゆる「キャリア」が販売するスマートフォン等の機器には「SIMロック」と呼ばれる利用制限が掛かっています。

対して、キャリアによる利用制限がないものがSIMフリーです。
ロックが掛かっていない端末同士なら、カードを入れ替える事で自由に乗り換える事が可能となります。



キャリアによるロックに関しては、2015年に総務省によりロック解除を原則義務化するようガイドラインが出されています。


これにより、キャリアから販売されたスマートフォン・タブレットであっても他の全ての通信会社のカードが使用できるようになりました。


注意点として、ロック解除に対応している機種と対応していない機種がある事、キャリアごとにロック解除できるまでの日数制限が設けられている事などが挙げられます。
対応端末については各キャリアのwebサイトで確認する事が出来ます。


ロック解除の義務化により注目を増したのが、MVNOと呼ばれる事業者です。
MVNOが提供しているSIMカードが「格安SIM」と呼ばれており、キャリア各社と比較して大幅な低価格でのサービスが提供されています。


MVNOとは、自社の通信設備を持たず、キャリアの通信インフラを借り受けてサービスを提供する事業者の事です。


設備の維持・管理に掛かる費用が無い為、低価格でのサービスが可能となっています。

キャリアの通信インフラを使用していますので、当然通信可能エリアはキャリアと同じで、通話品質に関しても事業者ごとにバラつきはあるものの、キャリアと遜色の無い品質で提供されており、人気を博しています。



SIMカードやSIMフリーについての理解を深める事で、より自分に合った通信サービス・携帯電話会社を選択する事が可能となります。

ただ、キャリアによってはロック解除等の手続きが煩雑であったり、MVNOの数も非常に多く、料金体系やサービス内容もバラバラで分かりづらい事が多いのが現状です。
自身で情報収集をし、各社のサービス内容等について正しく理解し選択する事が必要であると言えます。