お中元に使うのしの種類

贈り物をする時に品物の外装につけるのが、のしです。もともとはアワビの乾燥させたものをのばして不老長寿の縁起物として、贈り物に添えて渡す習慣がありました。その伸しアワビが変化して、熨斗になった経緯があります。現在では紙に印刷したものを貼り付けて変わりとしています。

お中元にも熨斗が付けられます。水引と共に上の方に書かれている飾りのような模様が熨斗です。真ん中に御中元と書いて、水引の下側に送り主の名前を書きます。あまりあることではありませんが、間違っても水引だけのものを選んだりしないようにしましょう。

熨斗に使われる水引にも、いろいろな種類があります。蝶結びのものは何度でも結べることから、繰り返される慶事に使われます。お中元も毎年贈られるようなものなので、この蝶結びを選びます。結婚式などの1度きりのものには固結びのものを選びます。

包装紙の内側に熨斗をつけるか、外につけるかを悩むことがあります。厳格なルールがあるわけではありませんが、内のしにすると、控えめな気持ちになるので身内などの祝いや内祝いなどに使われるものです。お中元の時も控えめな気持ちであることと配送中に傷つかないように内のしにすることがほとんどです。持参する時には、外のしにした方が、何を贈られたのかがわかって良いでしょう。

送り主は水引の下に書きますが、個人ではなく連名の場合は、右側がくらいの高い人になります。順番に注意して記載します。お中元のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です