お中元の大事な基礎知識は

お中元の歴史は古く、その由来は中国にあります。宗教の一つである道教の年中行事の「中元」からきています。江戸時代に伝わったと言われています。お中元は上司や目上の方に贈ることが一般的です。

基本的に毎年贈るものですが、諸事情によりその年だけ贈る場合はお中元という言葉は使わずに熨斗紙に「御礼」という言葉を使います。お中元を贈る時期は地方によって少しだけ日にちに違いがありますが、7月から8月中旬がその時期になります。関東では7月1日から7月15日です。関西では7月15日から8月15日になります。

また、九州では8月1日から8月15日になります。お中元の贈り物として喜ばれるのは、食べ物が多く夏の暑い時期ということもありゼリーやアイスクリーム、そうめんやビールといった涼しげな食べ物が喜ばれます。贈り物の金額としては3000円から5000円が無難とされています。それ以上の高い金額はかえって相手の方に気を使わせてしまう場合があります。

良く似た行事として年の暮れにはお歳暮があります。一年の間に世話になった方に品物を贈る行事です。一年かけて二つのこの行事をお世話になっている方にしておくことが良いとされています。品物を買いにいくお店として百貨店に足を運ぶことが多いのですが、最近ではインターネットを利用して購入される方が増えています。

ネットサーフィンをするとたくさんのお店が見つかります。良い贈り物を選ぶには良い店を選ばなければいけません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です