お中元の起源について

お中元とは、7月半ば頃の夏の暑い日にお世話になった人々に贈り物をする年中行事です。家族や親戚、知人、上司などの目上の方や取引先など、相手は様々です。その由来は中国の暦にあります。中国では古代、旧暦の1年を上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)の3つに分け、その中元の日に神様に供え物をした人は罪を赦されるといった道教の考え方がありました。

この習慣が日本に渡り、お供え物を皆で分けて食べる「共食」という日本独自の文化と融合し、今のお中元のスタイルが定着しました。日本では古来より、餅や米、酒などの食材には特別な力が宿っていると考えられており、祭りやお供え物としてよく用いられていました。共同で飲食をともにするということは、人と人との「つきあい」につながります。その場に参加できない人とも食の場を楽しみたいという気持ちが、食料品を送り合う習慣となって表れました。

また、15世紀には無病息災を願って親へ贈り物をしたり、江戸時代には商人が、決算期であるお中元の時期にお得意様に手ぬぐいなどの粗品を配ることもありました。これらもまた、起源の1つであると考えられています。お中元の習慣が本格的になったのは明治以降です。大阪や東京への移動が増えたことにより交際範囲が拡大し、産業の発達によって中元・歳暮が商品化されたためです。

これには、デパートの発展が大きく関わっています。何をどのくらい送るべきかなどの指標には、デパートの提案が大きく影響しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です