お中元はいつ贈るのが正しい?

夏が近づいてくるとそろそろお中元のことを考え始めなければいけません。社会人になり初めてのことでいつ頃どうしたらいいのかわからなくて、戸惑うことがあると思います。お中元はもともとは道教の習俗の一つであり、旧暦7月15日のことです。仏教の盂蘭盆会が混ざり祖先の霊を供養する日です。

お世話になった方や親しい方へ、日頃の感謝を込めて贈り物をするということが、習慣になっています。お中元は地方により少しのずれがあるようで、東日本では7月上旬から15日までで、西日本は7月中旬から8月15日までが一般的に贈る期間になっています。北海道では7月15日から8月15日と1ヶ月の期間があります。これを過ぎてしまうようならば表書きののしには、立秋8月7日前後までは「暑中御見舞い」にします。

立秋以降は「残暑御見舞い」に変えることで失礼のないようになります。贈り先が目上の方ならば、それぞれ「暑中御伺い」や「残暑御伺い」に変えます。7月上旬から8月15日ごろがお中元の期間ですが、立秋を過ぎると「残暑御見舞い」、残暑御伺い」にして贈ります。最近では東京や神奈川県では6月下旬頃から贈り始めるなど時期が早まっているところもあります。

北陸の場合は関東のように7月初旬から15日に贈る地区と、北海道のように7月15日から8月15日の時期に贈る地区に分かれています。贈り先の地域の習慣に合わせて、時期を間違えないようにするのがマナーです。日頃の感謝を伝えるためにはとても大切なことです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です