格安SIMで通信費を下げるコツ

###Site Name###

格安SIMとSIMフリー端末を使うと、キャリアで契約しているスマートフォンよりも格安の料金でスマートフォンを維持することが出来ます。

キャリアで維持するスマートフォンは端末代金をプラスして支払うと月々の支払額が1万円を超えてしまうケースも少なくありません。

端末の寿命がきたり壊れてしまうと又買いなおしたり修理を擦る費用も掛かりますので、キャリアで維持するスマートフォンにはコストがかかるのが実情です。

格安SIMとSIMフリー端末で維持するスマートフォンでは、月々の利用料金が格安というメリットがあります。

格安SIMはプロバイダでサービスの契約をすると利用可能になり、端末に合わせたサイズのカードを受け取り端末に設定をしてから使うタイプのサービスです。


格安SIMの月々にかかる費用は、契約するプランにもよりますが3GBのデータ通信のみの契約の場合1000円程度、1GBの場合500円で利用できるプロバイダーもあります。
以前はデータ通信のみのサービスが一般的だったMVNOですが近年通常のスマートフォンのように通話機能やSMS機能が付いたタイプが一般的になりました。

通話機能やSMSの機能がついている格安SIMではほとんど普通のスマートフォンのように使うことが出来るのに月々のりようりょう金は2000円程度と格安なため、キャリアの契約から格安SIMを使った格安スマートフォンに切り替える方があとを絶ちません。

格安SIMを使うためにはプロバイダーのホームページや通販サイトなどでスタートパックを購入し、必要な手続きを済ませます。



カードが届いたらSIMフリー端末かプロバイダーが借り受けている先のキャリアに準じた端末を用意して挿入します。
用意する端末はSIMフリーのものが推奨されますが、これはどのキャリアのカードでもデータ通信を行うことが出来るという理由で、キャリアに準じた端末でも利用することが可能です。

格安SIMのサービスはプロバイダーが提供していますが利用している通信網は3大キャリアのうちのいずれかになりますので、安定した通信環境が得られるのが魅力です。



格安スマートフォンは家族で乗り換えることによって非常に大きな経済効果を得ることが出来ます。キャリアで契約しているスマートフォンは一か月あたり7000円程度費用が掛かるケースが一般的ですが、家族4人で利用すると20000円以上になってしまうこともあります。
格安スマートフォンには家族でデータ容量をシェアしたり家族間の通話を割引するサービスがありますので、そうしたプランを選ぶことで1か月あたりの利用料金を4人で10000円以下にすることが出来ます。


プロバイダーではカードと一緒に端末を割引販売しています。



キャリアで販売されている端末と遜色ない性能のものが半額以下で買うことが出来るケースもありますので、初期費用を抑えてスマートフォンを使いたい方にも最適です。