SIMの取り扱い方で気を付けること

###Site Name###

いま使っているキャリアからレンタルされているSIMの契約を終わらせて、新しい事業者に乗り換えることで簡単に携帯電話の利用料金が安くすることができます。

ただしただ切り替えるだけでは終わりません。
キャリアとの契約を終わらせるタイミングから、そしてSIMの選ぶ方まで工夫をすることで、不具合が起きない自分にぴったりな携帯電話の使いか方ができるようになるでしょう。



今までキャリアの利用に、特に料金面で不満を持っていた方にこそ、知ってほしい気をつけるべきポイントがあります。

すぐにキャリアとの契約を打ち切らないようにしましょう。

まずはSIMをどんな使い方をするのかを定めることが先になります。
そのときに必要になるのが今まで使用してきたキャリアの通信に関するデータです。それを見れば平均値がわかりますので、容量を決めるときに参考にできるでしょう。

意外と多くの料金を使っているのであれば、大きな容量を持つSIMが必要になってきます。
その容量にびっくりしたのであれば、あえて持ち運びができるWiFiを持つことにより、さらに料金を安くすることができるでしょう。


SIMに関しては外で予備的に使える容量の契約しかせずに、後はWiFiに通信を任せる選択もできます。


この際決断してWiFiだけでスマートフォンを扱うのもひとつの方策です。


そうすればSIM自体が必要なくなります。


無料通話アプリだけしか使わないような人にとっては、最良の選択になるでしょう。


キャリアからの決別をはかるときは、このような点にも関心を持って行うべきです。

この時くらいしか機会はありませんので、じっくりと取り組むようにしましょう。

そこでSIMの選択に目途が付いたら、キャリアとの決別になります。
ただしその際通話のSIMが必要であれば、電話番号にも関心を持つようにしましょう。

MNP制度携帯電話ナンバーポータビリティを使うことによって、キャリア時代に使っていた電話番号を引き継ぐことが可能です。


キャリア間でないと行うことができないように感じている人も多いでしょうが、そんなことはないことはありません。



いままで使っていた携帯電話の番号を引き継ぐことができますので、知人や友人家族に新しい番号を通知する手間も省くことができるでしょう。

携帯電話でもっとも面倒なシーンになりますので、なるたけ省略する方向に定めてください。

いままではキャリアの店舗に行き、そのままスタッフが設定をしてくれましたが、SIMを切り替えるというのはなにもかも自分で設定を行わないといけないことを意味しています。



SIMをスマートフォンに挿入するだけで簡単に通信や通話ができるわけではありません。

アクセスポイントの設定も必要です。

ここでつまずいてしまう方も多いでしょうが、取扱説明書やいざというときに活躍してくれるカスタマーセンターもありますので、有意義が使い方をして開通を目指してください。